東大阪瓢箪山の
内科、呼吸器内科、アレルギー科

072-940-7072
[受付]9:00-12:30、16:00-18:30

診療案内Treat

ホーム > 診療案内

受診について

当院では、WEB問診票を導入しています。事前に入力をいただくことで、来院時にスムーズにご案内できますので、ぜひご活用ください。
※ ユーザー登録すると、次回から患者情報の入力が不要になります。

WEB問診票

診療内容

生活習慣病

生活習慣病

生活習慣病を中心とする内科診療全般の診療を行います。
高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症などの生活習慣病は、明らかな症状を認めないため、ついそのままにしてしまうことも多いですが、前もって治療を行うことにより、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などにかかるリスクを少しでも予防していくことが大切です。また、生活習慣の改善により、これら上記疾患自体の予防を目指していきます。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群や肥満やその他原因で、睡眠中に上気道が閉塞し、呼吸が一時的に止まってしまう疾患です。睡眠中低酸素のため、高血圧症や糖尿病、動脈硬化の進行により、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高くなります。まずは、自宅でできる検査を行い、治療が必要な場合は、持続陽圧換気療法(CPAP療法)という、睡眠中に上気道の閉塞を防ぐマスクを付けて呼吸を補助する治療を行います。当院では、CPAP療法に対する継続的なフォローアップも行ってまいります。

長引く咳

長引く咳

咳症状は、感染症、アレルギーなど、様々な原因で発症し、しばしば症状が長引きます。 当院では、ていねいに問診を行なった上で、原因検索のために血液検査、痰培養検査、肺機能検査など、精密検査を行なっていきます。咳症状を引き起こす原因によって治療方法は異なり、問診や精密検査の結果から、原因に合わせた治療を行います。

慢性呼吸器疾患

慢性呼吸器疾患

喫煙を契機に肺気腫や気管支の炎症を引き起こす慢性閉塞性肺疾患(COPD)や、膠原病、感染症、薬剤などによって引き起こされる間質性肺炎は、徐々に進行し、症状に併せた内服や吸入治療が必要になります。また、これらの疾患により、肺炎などのに罹りやすくなり、重症化するリスクも高くなります。日頃からのケアと必要時の酸素療法導入、肺がんリスクに対する注意深い観察を行ってまいります。

がん緩和ケア

がん緩和ケア

肺がんなどの悪性腫瘍と診断されますと、手術や抗癌剤、放射線治療などの治療と並行して、病気自体に対する症状や治療に伴う症状に対する緩和ケアが必要になります。他院でのこれらに治療と並行して、当院でも緩和ケアのお手伝いを行なってまいります。

禁煙治療

禁煙治療

喫煙により、肺気腫などの呼吸器疾患や、心筋梗塞や閉塞性動脈硬化症などの循環器疾患、脳血管疾患などの発症リスクが高くなります。意志だけでは禁煙が難しいことも多く、禁煙補助剤を使用した禁煙治療がございますので、お気軽にご相談ください。

予防接種

予防接種

インフルエンザや肺炎球菌ワクチンを接種することにより、これらの感染症にかかるリスクと重症化リスクを軽減することができます。